–

Everyday Physics on Web Topic Map



Topic Maps, a bridge between Information and Knowledge.
  • Top
Tolog検索 (Tolog query)    
現代社会と理科教育
modern society and science education
中世の帝国は、ウチ・ソトが曖昧ながら多様な民族が広い空間でゆるやかなネットワークを作っていたといわれます。王と領主を中心とした封建的支配を倒して作られたのは、国民自身が国家を形成する近代の国民国家の概念と制度です。国民国家は民族の自立につながり、また海洋支配国家の植民地支配と相まって、ウチ・ソトを明瞭にするものでした。

概説: 教師は子どもを教育する専門職です。そしてその子どもたちは、学校で生活しているときから20年〜50年後の社会を生き抜き、また支えなければなりません。20~50年後の世界を生き抜き、社会を創造するための基盤となる能力の発達を支えるのが教師の仕事であり、みなさんの近い将来の仕事です。しかし、現代は変化が加速しており、20年先を予測することも難しくなっています。 この講義では、世界の過去から現在までの大きな変化を概観し、その中で科学と技術とがどのように生まれ、変化してきたかを学びます。そして、現時点で予想される未来社会、とくにその中での生き方を考えます。これを踏まえて、今後なぜ、自然科学と技術とについて、すべての人が学ぶ必要があるについて考えます。 自然科学と技術とを、「なぜ学ぶ必要があるのか」「どのように学ぶべきなのか」を議論できるようになることが、この講義の目標です。

nullさんはmodern society and science educationを受講登録しています。
がんばってください。

学習項目
ベーシックインカム (Basic income)(01) ベーシックインカム(basic income)とは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策。基礎所得保障、基本所得保障、最低生活保障、国民配当とも、また頭文字をとってBIともいう。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
格差社会 (Social polarization)(02) 格差社会は、収入の不平等、不動産変動、経済変動などを源泉にした社会的格差に関係づけられ、高収入から低収入までの様々な社会的グループへの分化が起きてしまう社会です。特に貧困のループから脱出できなくなることが深刻です。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
男女共同参画 (Gender equality)(03) 男女がその意志に応じて社会参画できることを男女共同参画という。日本の男女の就業率は6:4ほどであるが,少子高齢化社会では女性や高齢者の労働力が注目される。しかし,出産後の女性の就労は,非正規雇用,家業の割合が高い。日本は働きづらく,産みにくい国になってしまった。これは日本の将来を一層不透明にしている。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
ひきこもり (Hikikomori, social withdrawal)(04) 引きこもり(引き籠もり、ひきこもり、英語表記 hikikomori)とは、仕事や学校に行けず家に籠り、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。また内閣府は引きこもりの実態を把握するために、15歳〜39歳までの若年層を対象に調査してきたが、引きこもりが長期化する人が増えていることから、2018年12月、40歳から64歳を対象とする初めての調査を行い、40歳から64歳で引きこもりの人は、推計で61万3,000人に上り、15歳から39歳を対象にした調査で推計した54万1,000人より多くなっている。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
社会保障 (Social Security)(05) 社会保障(しゃかいほしょう、英: Social security)とは、個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させるために国家または社会が所得移転によって所得を保障し、医療や介護などの社会サービスを給付すること、またはその制度を指す。社会保障という言葉は社会福祉と同義で使われることも多いが、公的には、社会福祉の他に公衆衛生をも含む、より広い概念である。(wikipedia) 日本の社会保障の4つの柱は、①保険料を支払っておいて病気などのときに給付を受ける「社会保険」、②社会的困窮者に最低限の生活を保障する「公的扶助」、③高齢者や障害者に施設やサービスを提供する「社会福祉」、④感染症対策をはかる「公衆衛生」がある。 社会保険には、医療保険、年金保険、雇用保険、介護保険、労働者災害補償保険がある。 公的扶助には生活保護費がある。 社会福祉には、高齢者、児童、身体障害者、知的障害者、母子などの対象ごとに福祉法がある。 公衆衛生では予防接種や消毒、飼い犬などの保護・管理も含まれる。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
ヘリコプターマネー (Helicopter money (public finance))(06) 中央銀行あるいは政府が,対価を取らずに大量の貨幣を市中に供給する政策。中央銀行による国債の引き受けや,政府紙幣の発行がこれにあたる。コントロールができないとハイパーインフレを引き起こす可能性もある。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
貨幣制度 (Monetary system)(07) 国家経済に供給される貨幣を取り扱う機関などの集合体。国庫,造幣局,中央銀行および商業銀行からなる。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
信用創造 (Money creation)(08) 信用創造(しんようそうぞう、英: money creation)とは、銀行が初めに受入れた預金 (本源的預金) の貸し付けによって預金通貨を創造できる仕組みを表す[1]。簡易には準備預金制度のもとで、銀行のみが有する「貨幣を生み出す」機能を指し、創造される信用貨幣の量は準備預金制度に依存する。銀行が貨幣経済において果たしている重要な機能のひとつ。預金創造とも呼ばれる。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
AIと雇用 (AI and jobs)(09) 技術の進展により、かつては人間が行っていた仕事が機械に置き換えられる事で起こる。人間に支払うコストと機械を導入するコストが逆転した時に起こる。他にも技術の発展による習慣の変化や、スマートフォン等の登場でデジカメやボイスレコーダーが衰退したように、旧製品が新しい分野の製品によって駆逐される事による失業を含むこともある。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
政治経済思想とベーシッックインカム (Basic income and philosophy of politics and economics)(10) 政治経済学(せいじけいざいがく、英語: political economy)は、経済現象を社会的な構造や諸制度、文化、政治体制などを含めた広い視野から分析する学問。 (wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
勤労倫理 (Work ethic)(11) 「働くことや社会に奉仕することの充実感を味わうとともに、その意義を理解し、公共のためにに役に立つことをすること。」
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
期末試験 (Final examination)(999) コース終了時に行う期末試験。記述問題については他の人の解答へのコメントを可能な限り数多く、丁寧に書いてください。また解答は複数回書いてもよい。2018年度秋学期現代社会と理科教育では2019年2月22日(金)いっぱいを締め切りとします。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
"modern society and science education"の上の階層
"現代社会と理科教育"コース
>> トピックからの言葉
 AIと雇用
 政治経済思想とベーシッックインカム
 ベーシックインカム
 期末試験
 男女共同参画
 ヘリコプターマネー
 ひきこもり
 貨幣制度
 信用創造
 格差社会
 社会保障
 勤労倫理
>> トピックからの言葉
 現代社会と理科教育
 現代社会と理科教育あいさつ
 現代社会と理科教育あいさつ2
 現代社会と理科教育あいさつ3
 現代社会と理科教育あいさつ3

powered by ontopia    

This topic map site was created by:    
- Matsuura Lab. in Tokyo Gakugei University, Faculty of Education, Science Education    
Please contact: shumats0[at]gmail.com (replace [at] with atmark)
4-1-1 Nukuikita, Koganei, Tokyo 184-8501, Japan    
- Knowledge Synergy Inc.    
3-747-4 Kusunokidai, Tokorozawa, Saitama 359-0037, Japan    
This topc maps site follows GFDL (GNU Free Documentation License):
- http://www.gnu.org/licenses/fdl.html