–

Everyday Physics on Web Topic Map



Topic Maps, a bridge between Information and Knowledge.
  • Top
Tolog検索 (Tolog query)    
近代日本
modern history of Japan

概説: 近代日本は黒船来航とともに始まった。国家主導の科学技術進行による殖産興業・富国強兵は,現代における経済成長・国際競争へと受け継がれる。それは国民一丸となっての科学技術総力戦体制だといわれる。日本の近代化における科学技術・科学教育を考える。

nullさんはmodern history of Japanを受講登録しています。
がんばってください。

学習項目
開国と科学技術 (Opening Japan and Science Technology)(01) 黒船の来航とともに日本は西洋の動力革命に出会う。そして,国家が一丸となって進歩し競争し続けなければならないことを知る。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
資本主義 (Capitalism)(02) 資本主義(しほんしゅぎ、英: capitalism)とは、経済の仕組みの一種で、資本の運動が社会のあらゆる基本原理となり、利潤や余剰価値を生む体制である。「資本制」とも言う。 社会に貨幣を投下し、投下された貨幣が社会を運動してより大きな貨幣となって回収される場合、この貨幣が「資本」とよばれる(資本を参照)。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
日本の帝国主義 (Imperialism of Japan)(03) 日本の産業革命は電力革命と並行して進み,政治的,学問的にも軍優先で推進された。欧米に劣等感を持つ一方,アジア諸国に対しては進出の意志をあらわにし,帝国主義化が急速に進行した。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
総力戦体制 (National system for total war)(05) 国家総力戦(こっかそうりょくせん、Total War)とは国家が、戦争遂行において有する国力を総動員して戦う形態の戦争をいう。総力戦とも。転じて、総力戦として用いる場合、個人・団体が自身のみならずその周辺を含めて取り組む必要な闘争について用いられる。 国家総力戦は国家が国力のすべて、すなわち軍事力のみならず経済力や技術力、科学力、政治力、思想面の力を平時の体制とは異なる戦時の体制で運用して争う戦争の形態である。その勝敗が国家の存亡そのものと直結するために、途上で終結させることが難しく、またその影響は市民生活にまで及ぶという特徴がある。 戦略思想としてはカール・フォン・クラウゼヴィッツの唱えた絶対戦争理論にその起源が見られる[要出典]。一般的には、第一次世界大戦が史上初の総力戦であったとみなされている。ただし、南北戦争を史上初の総力戦とする説もあるという。あるいは日露戦争が歴史上初の総力戦=「第零次世界大戦」と位置付けられることもある[2]。用語としての起源は不明確だが、1935年にドイツのエーリヒ・ルーデンドルフが『国家総力戦』を著し、総力戦という概念を明示した。さらに、1943年2月にヨーゼフ・ゲッベルスが行った「諸君は総力戦を望むか」という演説がラジオ・ニュース映画を通して広まり、用語として定着するに至ったとされる。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
戦時下の科学技術 (Science and technology during world war)(06) 戦時体制下においては、軍需物資の生産を極大化するために企業や国民が組織化されて動員が図られ、しばしばその目的の障害となる国民の私的領域である人権やプライバシーの抑圧が伴う。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
戦後社会の科学技術 (Science after world war)(07) 巨大科学(きょだいかがく、英: Big Science)とは、多数の研究者と多額の資金を必要とする自然科学の研究分野のこと。ビッグ・サイエンスともいう。国家または国際的な規模になるものも多く、宇宙開発、原子力開発、海洋開発などがこれに当たる。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
原子力開発 (Nuclear power development)(08) 「原子力」という語は、原義的には、ウランやプルトニウムの核分裂、放射性物質の崩壊、重水素・トリチウムなどの核融合により放出される核エネルギーのことを指す[1]。原子核変換は、原子核崩壊と原子核反応に分類され、原子核反応はさらに原子核融合反応と原子核分裂反応に分類される。 原子核反応により発生するエネルギーは、化石燃料の燃焼などの化学反応により発生するエネルギーに比べて桁違いに大きく、兵器として利用されるほか、エネルギー資源として主に発電に利用されている。ただし現在のところ発電に利用されているのは原子核分裂だけであり、原子核融合による発電はまだ実用化されていない。一方、原子核崩壊により発生する比較的弱いエネルギーは原子力電池や放射線医学などに利用されている。 しかし、核分裂か核融合かを問わず、原子力の利用は、放射線、放射線を放出する能力(放射能)を持った物質(放射性物質、放射性廃棄物)を発生させる。放射線は、その量や強さに応じて生物に対して悪影響(放射線障害)を与えるため、適切に防護(放射線防護)する必要がある。放射線防護についての国際的な研究機関として、国際放射線防護委員会 (ICRP) がある。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
古代ギリシャの自然哲学 (Ancient Greek Natural Philosophy)(11) ギリシア哲学(ギリシャ哲学)とは、かつて古代ギリシアで興った哲学の総称。現在でいう哲学のみならず、自然学(物理学)や数学を含む学問や学究的営為の総称である。 「哲学(ギリシャ語:Φιλοσοφία, philosophía, ピロソピア)」および「哲学者(ピロソポス)」という言葉を最初に用いたのはピュタゴラスであると言われる。「哲学者」を含めた「知者(ソポス)」は「ソフィスト(ギリシャ語:σοφιστής, sophistés, ソピステス)」とも呼ばれ、詩人もこれに含まれた。 ディオゲネス・ラエルティオスはギリシア哲学の起源を、アナクシマンドロスから始まるイオニア学派(厳密にはミレトス学派)と、ピュタゴラスから始まるイタリア学派(ピュタゴラス教団のこと)に大別し、ソクラテス(ソクラテス学派)やプラトン(古アカデメイア学派)は前者の系譜で、パルメニデス、ゼノン(ともにエレア派)、エピクロス(エピクロス学派)らは後者の系譜であると主張している。さらにディオゲネス・ラエルティオスは、哲学には自然学・ 倫理学・論理学の三つの部門があり、まず自然学が発達し、次いでソクラテスが倫理学を加え、ゼノンが論理学を確立し、倫理学にはアカデメイア学派、キュレネ学派、エリス学派、メガラ学派、キュニコス学派、エレトリア学派、詭弁学派(ソフィストなど)、逍遙学派(ペリパトス学派)、ストア学派、エピクロス学派という10の学派があったとも主張している。 一般にタレスからアリストテレスまでをこの区分に含める。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
中世の科学 (Medieval Science)(12) 実用知識が重視されたローマ時代の終期には、キリスト教が国教に定められ、中世にはキリスト教神学が第一原理となった。中世ヨーロッパでは合理的自然科学の発展はあまり見られなかった。中世後期にアラビアの知識を通じて、ヨーロッパは古代ギリシャの自然哲学を再発見する。トマス・アクィナスはキリスト教神学とアリストテレス自然哲学を統合することを試み、スコラ哲学の源流となった。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
コペルニクスの地動説 (Copernican heliocentrism)(13) ニコラウス・コペルニクスは1543年に出版した「天体回転論」で、宇宙の中心付近に静止する太陽を中心として、地球を含む他の惑星が円軌道を描いて運動していることを主張した。コペルニクスのモデルはヨーロッパの主流であったプトレマイオス説から出発したもので、第1の科学革命の出発点だと言われる。
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
ニュートン力学 (Newton's mechanics)(16) ニュートン力学(ニュートンりきがく、英語:Newtonian mechanics)とは、アイザック・ニュートンが、運動の法則(laws of motion)を基礎として構築した、力学の体系のことである。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
古典物理学の成立 (Establishment of classical physics)(20) 古典物理学の法則が通用する範囲は、宇宙の大きさからせいぜい原子や分子の大きさのレベルまでである。原子内または原子間では古典物理学の法則は破れており、現象の正確な記述ができない。 さらに、光は本質的に量子的な振る舞いを示すため、古典物理学では電磁波をうまく扱うことができない。量子論と違って、古典物理学は完全な決定論である。 数学的には、古典物理学の方程式にはプランク定数が現れない。対応原理やエーレンフェストの定理によると、系をプランク定数に比べて十分大きく、重くすることにより、量子物理学から古典物理学が導かれる。これが、日常生活レベルの巨視的な系では量子的な効果を気にしなくてもよい理由である。しかし、巨視的な系においても、超低温などの条件下では超流動のように量子効果が現れる。今日物理学で最も精力的に研究が進められている量子デコヒーレンスの分野では、古典物理学の扱う巨視的な世界で量子効果がどのように現れるかが調べられている。(wikipedia)
↓このページへの過去3週間のアクセス履歴↓
"modern history of Japan"の上の階層
"近代日本"コース
>> 講座と内容
 古代ギリシャの自然哲学
 コペルニクスの地動説
 中世の科学
 ニュートン力学
 資本主義
 古典物理学の成立
 日本の帝国主義
 原子力開発
 開国と科学技術
 戦後社会の科学技術
 戦時下の科学技術
 総力戦体制

powered by ontopia    

This topic map site was created by:    
- Matsuura Lab. in Tokyo Gakugei University, Faculty of Education, Science Education    
Please contact: shumats0[at]gmail.com (replace [at] with atmark)
4-1-1 Nukuikita, Koganei, Tokyo 184-8501, Japan    
- Knowledge Synergy Inc.    
3-747-4 Kusunokidai, Tokorozawa, Saitama 359-0037, Japan    
This topc maps site follows GFDL (GNU Free Documentation License):
- http://www.gnu.org/licenses/fdl.html